プロミス1時間以内にお金借りる@即日融資可能はこうする!

カードローン借り方・仕組み・特徴

カードローンというのは個人を対象としたローンです。
銀行が顧客拡大のために用意した無担保融資のことをいいます。
保証人も必要なく利用者にとって利便性の高い商品です。

カードローンは、クレジットカードのキャッシングサービスのように発行されたカードで提携銀行、提携コンビニのATM雨を利用し借入れや返済ができます。

原則的に安定した収入があれば年齢の制限や宿主の制限などはありません。
銀行によっては、収入なしの専業主婦も利用できます。

利用目的も特別な制限はなく使い道が自由です(事業性資金は除く)。

カードローンの仕組み

カードローンのサービスを提供している金融機関は「銀行直接融資のカードローン」と「銀行グループの消費者金融のカードローン」と大別されます。

カードローンの大きな特徴は、「資金使途が自由なフリーローン(事業性資金は除く)」と「利用額以内なら何度でも借りたり返したりする」ことができます。

返済方式は、利用者の負担を軽減した「残高スライド定額リボルビング方式」が多い。
残高スライド定額リボルビング方式というのは、利用残高に応じて毎月5千円や1万円など、あらかじめ決められた返済額に基づいて返済をしていきます。

カードーローンは一度、作っておけばいつでも利用できるので便利です。
商売をやっている商店主、自営業者の方もカードローンを利用することができるので。限度額以内なら何度でも利用できるということは、給料の立替えや仕入れ金のj不足をカバーすることも可能です。

カードローンのデメリット

カードローンはデメリットもあることを理解しておきましょう。
カードローンはあくまでも借金です。当然金利も含まれています。
利用限度額の枠内であれば審査なしでいつでも自由に引き出せるという利点があるが、意外と借金という感覚が薄れてしまいがちです。

カードローンには、返済期限がありませんので、「借りる返すをずっと繰り返し続けている】人もいます。その場合は「そうとう長い期間に金利だけでも高額を支払っている」といことを忘れてはいけません。

カードローンは利用する限り、立派な借金ですから、解約しないまでも、利用残高ゼロの健全な状態に早めに戻しておくことを心がけ。

いざという時に賢く利用すればカードローンのメリットは最大限に活かされます。
利用限度額以内ならいつでも借りられるというメリットは、デメリットと背中合わせであることを肝に銘じておきましょう。

カードローンの選び方

カードローンは、パート、アルバイト、自営業、会社員と幅広く利用できます。但し、消費者金融系(プロミス、アコム、モビット、アイフルなど)のカードローンは年収の3分の1を超える借入総額を借りることができません。
カードローンは商品によって、金利や利用限度額、申し込み方法等異なりますので、自分の目的や返済計画にあった信頼のおける金融機関を選びましょう。

信頼のおける金融機関とは、知名度が高い(銀行名が付いたローン、銀行系のローン、銀行グループのローン)金利が低い、サポートが充実しているなど、当サイトに紹介しているカードローンであれば安心して利用できます。

お急ぎの方は下記公式サイトへ進んでください。

追加バナー