キャッシングとカードローンの違い

お金を借りたいと思っていても、「実はキャッシングとカードローンの違いを知らない」「同じものだと思っていた」という方も多いのではないでしょうか?

この2つは利用方法や返済方法が明確に違いますので、お金を借りる時は事前にしっかりと確認しておきましょう。

借りる方法が違うが、どちらも一気に借りることも可能

この2つは利用するときの方法が違います。

  • キャッシング・・・消費者金融や銀行から1回だけ振り込まれる
  • カードローン・・・決められて限度額内なら自分の好きなときに借りられる

キャッシングは申込・審査・契約まで全て終わったら消費者金融や銀行が決めた額を借りることができます。このときの金額は、こちらが「30万円借りたい!」と思っていても、審査の結果で「20万円まで」と決められたら20万円までしか借りれないこともあります。

一方、カードローンは「ローンカード(ATMからお金を引き出すカード)」を利用してコンビニや銀行などの提携ATMからお金を引き出すことができます。キャッシングとの違いは限度額内なら何度でもお金を引き出せることです。

例えば、10万円を借りる場合もキャッシングなら口座に10万円が一括で振り込まれますが、カードローンなら初日に5万円借りて1週間後にさらに5万円追加で借りることができるというわけです。もちろん、カードローンでも最初から10万円借りることも可能です。しっかりと遅れがなく返済していけば信用度も高まり限度額を上げてもらうことも可能ですから、今後もっと大きなお金が必要になったときも助かるかもしれませんね。

利便性を考えてもカードローンの方が高いですから、現在はどの消費者金融も銀行もカードローンを用意しています。ネットから申込をして審査まで終わらせれば、2日~1週間で自宅にローンカードと契約書が郵送されてきます。

今すぐお金を借りたい場合はローンカードが届くまでに時間がかかってしまうので、平日14時までに申込・審査・契約まで全て終わらせること。そうすれば、審査が完了した後に担当者から「今すぐ口座に振り込みもできますが、どうしますか?」と質問されるので、振り込んでもらいましょう。

返済方法が違う

キャッシングは基本的に「翌月に一括返済」、カードローンは「毎月最低返済額が口座から返済されていく」という違いがあります。

現在はカードローンが主流なのでキャッシングを利用することはないかと思いますが、キャッシングで50万円のような大きなお金を借りてしまったら返済がかなり厳しくなってしまうので、3万円や5万円などの少額の借入がおすすめです。カードローンなら50万円を借りたとしても、月々の返済額は2万円~6万円(詳しくは利用するカードローンによって決まっています)なので、収入の範囲内でしかりと返済することができるかと思います。

今すぐお金を借りたいときにおすすめのカードローン



キーワード