お金借りる~無理のない借り方・返済できるカードローン > カードローンの豆知識 > 消費者金融の利用してもクレジットカードは作れる?

消費者金融の利用してもクレジットカードは作れる?

「消費者金融や銀行からお金を借りるとクレジットカードが作れない」という情報があります。
しかし、結論から言えば、お金を借りているからと言ってクレジットカードが作れないわけではありません

なぜそう言えるかというと、実際に管理人が消費者金融でお金を借りながらクレジットカードを作れたからです。
ゴールドカードのような審査の難しいカードではないですが、おそらく多くの方が利用しているようなカードなので、単純にお金を借りているから「絶対に審査に通らない」ということはないかと思います。

借入額が大きかったり、借入回数が多いと不利になる

しかし、消費者金融を利用していない人に比べて審査に通りにくいのは確かですね。

クレジットカードの審査のときに「個人の信用情報(消費者金融から借入があるか、返済の遅れがなかったかなど)」を確認されます。
このとき借入額が大きければ、クレジットカードの審査に落ちやすくなるかと思います。

「100万円借入がある友人」と「1円も借入をしていない友人」を比べたときに、どちらの方が安心してお金を貸すことができるか?ということですよね。

また、過去に返済の遅れがあった場合は、ほぼ間違いなく審査に落ちると考えられます。
クレジットカード会社にとっては「お金が返ってこない」ということが一番嫌なことですから、ちょっとの遅れがあっただけでも審査に通りにくい傾向にあります。

また、お金を借りた回数によっても変わってきます。
一般的には借入の回数が多いほど審査に通りにくいといわれています。
1回で10万円借りるよりも、2万円を5回借りるほうがクレジットカードを作りにくいわけです。

なぜ回数が多いほどクレジットカードを作りにくいのかというと、それだけ生活費に困っていると考えれるからです。
この場合も、クレジットカードを作るとお金を返してもらえなくなるかも・・・ということで、審査に落とされてしまうわけです。

借入情報は完済から5年後に消える

消費者金融からお金を借りていた情報は、完済から5年後に消えます。
それまではJICC(個人の信用情報を取り扱っている機関)に保管されており、クレジットカード会社や消費者金融は、審査の時に確認することができます。

5年を過ぎれば情報は消えるので、お金を借りたことがない人と同じ条件でクレジットカードの審査を受けることができます。



キーワード