引っ越し費用を借りる

今すぐ引っ越し用のお金を借りる

引っ越しの費用って意外とかかりますよね。時期や荷物の量にもよりますが、単身でも5万円~8万円家族だと10万円~30万円必要なときもあります。

そこで便利なのが引っ越し費用にも使えるカードローン。コンビニや銀行などの提携ATMからローンカードを使ってお金を引き出すことができるので、急遽お金が必要になったときに急いでお金を用意できる利便性があります。使用用途も自由(事業資金以外)なので、引っ越し費用として使うのも問題ありません。

カードローンというとあまりいいイメージを持っていない方も多いですが、最近は銀行からでも借りることができますし、法外な利息や厳しい取り立てをされることはありません。また、住宅ローンなどと比べて審査が早く、一度ローンカード(ATMからお金を引き出すカード)を作っておけば限度額内なら何度も借りることができるのも、カードローンの魅力。

引っ越し費用以外にも冠婚葬祭や急な入院費、出産・育児費用などで、お金が必要になったときも助かります。

引っ越し費用の場合は5万円~10万円の借入がおすすめ

引越し費用を借入するとき、ケガや病気、育休中など何かしらの働けない理由があるかと思いますが、多めに借りすぎても返済額が多くなってしまうので、借入額を5万円~10万円に抑えておくのがおすすめ。仮に10万円を借りたとして、月1万円返済すれば年内に完済することができますし、利息自体も1万円程度なので、無理に生活費を削らなくても返済できる額だと言えます。

また、借入希望額を少なくすることで審査にも合格しやすいというメリットもあります。100万円のような大金を借りようと思えば、当然、業者側も厳密に審査して「本当にこの人にお金を貸して返ってくるのか?」ということをチェックしますが、10万円程度なら、そこまで厳密に審査されることはありません。

もちろん「誰でもお金を借りられる」というわけではないのですが、大金を借りる場合と比較したら少ない金額の方が借りやすくなります。借入希望額は申し込みの時に自分で設定することができますので、10万円ぐらいを目どに設定しておきましょう。

専業主婦の人が借入する場合は銀行カードローンから

家族で引越しをする場合、夫ではなく自分でカードローンに申し込みをすることもあるかと思いますが、その場合は銀行カードローンから借り入れをすることになります。銀行から借りる理由は、総量規制という法律があり、専業主婦のように自分で働いて収入がない人は銀行以外からお金を借りることができないからです。

なので、引越し費用を借入する場合は銀行カードローンを利用しましょう。”銀行”と聞くと収入が高くないと借りられないイメージがありますが、先ほども説明した通り、カードローンに関してはある程度低い水準での審査が行われるので、「年収○○万円以上!」というような基準はありません。

銀行カードローンの申し込み条件は「毎月安定した収入のある20歳以上」というもの。専業主婦の場合は、夫の収入で審査されるため自身に収入がなくても大丈夫です。

必要な書類は運転免許証だけ。提出方法もスマホで撮影してメールで送信するだけなので、難しいことはありません。申込は24時間ネットからいつでも可能ですが、急いで借りたい場合は早めの申し込みがおすすめです。

おすすめのカードローン – レイク


単身の引っ越しや家族での引っ越しでも「ある程度用意できているけど、3万円足りない」というように少額が足りない時は新生銀行カードローン レイクがおすすめです。レイクには他社にはない「借入額5万円180日間無利息サービス」があり、5万円以下の借入を約3ヶ月間利息0円で借りることができます。「カードローンには抵抗があるけどどうしても必要…」という方なら必要最小限の借入で無駄な利息なく利用することが可能です。

実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
4.5%~18.0% 1~500万円 最短即日 最短即日(※1)
保証人 自動審査 申込資格 月々の返済
不要 あり 20~69歳(※2) 3,000円~

※1:お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。
※2:安定した収入のある方



キーワード