お金借りる即日 > カードローン利用の注意点 > 借入後残高スライド元利定額返済

カードローンの借入後残高スライド元利定額返済

カードローンでの借入を利用する際には、事前に借入方法なども決めておく必要があります。
ほとんどのカードローン会社では、借入後残高スライド元利定額返済を採用していますから、この採用方法についても、理解しておく必要があるでしょう。

では、借入後残高スライド元利定額返済について、ご紹介しましょう。

借入後残高スライド元利定額返済とは、そもそもどういった返済方法かというと、借入残高に応じて、最低返済額が変動するという返済方法となります。

そのため、追加借入などを行わなければ、最終の総額によって、カードローンにより毎月の支払い額を定額に定めてることになり、とても便利に利用出来る様になっています。

しかし、この便利さには、注意が必要。
どういったことかというと、毎月の返済額は金融機関により自動的に設定されるために、繰上げ返済などを行わなければ、返済回数が増えてしまうという危険性があります。月々の返済額を低く設定していると、「毎月の返済が無理なく出来て、楽」と思われる方も多いと思いますが、返済額が小さいということは、それだけ返済期間が伸びるということになり、金利が多くかかるということ。そのため、最終的返済額が大きくなってしまうということ。

カードローンでは、追加返済などを行うことも出来ますから、余裕がある時には、どんどん返済していくことが大切ということ。
特に、ボーナス時期などには、余裕が出来ると思いますから、出来るだけ繰り上げ返済を行い、少しでも金利を抑えるようにしましょう。



キーワード