レイクの審査について

レイクの審査についての疑問・口コミ【まとめ】

レイクの審査は甘い?

お金を借りる時に一番気になるのが「審査が甘いのか?」ということですよね。
せっかく申し込みをしても審査に不合格ならお金を借りることはできないので、審査前に審査の難易度を調べたくなるのも分かります。

ただ結論から言えば、ネットで情報を集めるよりも申し込みをした方が確実で早いということです。

そもそもレイクの審査基準は公開されていませんし、利用者の口コミを見てみても「同じぐらいの年収なのにAさんは借りられてBさんは借りられなかった」なんてこともよくある話です。
実際に管理人の知人の話をすると、新卒入社2ヶ月ぐらいでクレジットカードを2枚発行したばかりなのに限度額20万円で借りることができた人もいます。

逆に「勤続年数3年以上だったのに審査に通らなかった」という口コミも見かけます。
そのぐらいカードローンの審査基準は複雑なので、審査を甘さを考えるのはあまり意味がないと言えます。

もしどうしても審査に通るか心配なら借り入れが可能なのかを確認できる「事前審査」を受けるのがおすすめです。
「年収」「他社借入件数」「他社からの借入額」を入力するだけで「借り入れが可能か」「限度額がいくらなのか」をすぐに教えてもらうことができ、そのまま本審査へと進むことも可能です。

レイクの事前審査の詳細はこちら

学生でも審査を受けることができますか?

レイクでは学生でも審査を受けることができますが、「20~69歳で安定した収入がある」ということが条件となります。
安定した収入はアルバイトでもOKです。

審査では1ヶ月に稼いでいる額よりも勤続年数がポイントなるので、管理人の経験から言うと「半年以上働いている」ことが安定した収入と認められる最低ラインになるかなぁと管理人は考えています。
これより短い勤続年数で審査に落ちてしまった人の話をよく聞くので、半年以上働いていない学生は申し込みをやめておいた方がいいかもしれません。

土日に審査は可能?

土日の審査は可能ですし、土日中にお金を借りることも可能です。
通常は平日14時までに申込・審査・借入手続きを終わらせれば指定した口座に振り込んでもらうことができますが、土日は銀行が営業していないため、申込・審査が終わった後に最寄りの自動契約機でローンカードを発行して、ローンカードを使ってコンビニATMでお金を引き出すことになります。

レイクの審査の流れ

自動契約機は営業時間は以下の通り。

曜日 営業時間
平日・土曜日 8:45~24:00
日曜日・祝日 8:45~22:00
毎月第3日曜日 8:45~19:00

カード発行には少し時間がかかるため、遅くても営業終了の1時間前までには行くようにしておきましょう。
最寄りの自動契約機はネットから検索すると調べることができるので、審査まで完了したらスマホで検索しながら自動契約機へ向かうことができます。

また、土日で会社が休みの場合は、在籍確認の電話を受け取るために自分で会社へ行く必要があります。
電話を受けて在籍確認が取れれば自分の電話に担当者から審査結果の報告が来て、合格していれば自動契約機でカードを発行してATMからお金を引き出せば土日祝日でも即日でお金を借りることが可能です。

審査時間は?

急いでお金を借りたいときは審査にかかる時間が気になるところですが、レイクの審査時間は1時間~2時間ぐらいかかります。
“審査”といっても「入力フォームの入力 ~ メールでの審査結果(1次審査)~ 在籍確認・本人確認後の審査結果(2次審査)」まであり、これを全て終わらせるまでにかかる時間が最短で1時間~2時間ということです。

実際に管理人も平日の午前中に申し込みをしたことがありますが、11時に申し込みをして口座に振り込んでもらったのが12時過ぎぐらいだったと思います。
審査の状況や混み具合によってはもう少し遅くなったり、翌営業日以降の審査のお知らせ・融資になることもあります

銀行カードローンは審査時間が長いのがデメリットの一つですが、レイクは消費者金融カードローン並みの審査スピードなので、今すぐお金を借りたい人にピッタリです。

プロミスと比べてどっちの方が審査が甘いということはない

消費者金融カードローンでトップの人気のプロミスですが、レイクとどちらがいいのでしょうか?
まず、プロミスは消費者金融カードローン、レイクは銀行カードローンなので審査基準が違います。

消費者金融カードローンは総量規制の対象なので、自身に安定した収入がなければお金を借りることができません。
一方、銀行カードローンは総量規制の対象外なので、自身に収入がない場合でも申し込みが可能です。
お金を借りる人の中には専業主婦の方もいるかと思いますが、専業主婦でパートやアルバイトをしていない人は消費者金融カードローンに申し込みができないため、必然的に銀行カードローンへの申し込みに制限されます。

では、審査の甘さはどうかと言えば、どちらも違いはありませんし、どちらも甘くはありません
そもそもどちらも正確な審査基準を出していないため、審査の甘さが分かることはなく、口コミを見ても同じような年収で受かった人もいれば落ちてしまう人もいるため、結局は事前審査を受けてみるのが一番確実な方法だと言えます。
事前審査は信用情報に記録が残るようなものでもなく、公式サイトに「とりあえず現状で借入できる可能性があるか?」を知ることができる簡単なものなので、口コミを集めるよりは確実です。

レイクの事前審査の詳細はこちら



キーワード