利用限度額

カードローン利用限度額

カードローンにはそれぞれ利用限度額があります。
この限度額以内ならいくらでもお金を借りることができ、カードローンによっては1円単位で借りてもOKというものもあります。

各消費者金融カードローンの利用限度額

【プロミスの利用限度額】

プロミスの利用限度額は最高500万円まで。もちろん最初から500万円まで借りられるわけではなく、審査によって利用限度額は決定します。「フリーターだから少ない」「部長だから多い」というようなこともないようです。

「希望の利用限度額が50万円を越える」or「希望の限度額が他社借入と合わせて100万円を越える」場合は、収入証明書の提出が必要です。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
    ※賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。

上記の中から1点準備して提出しましょう。

プロミスの金利・審査・返済のついて

【アコムの利用限度額】

アコムの利用限度額は最高800万円までです。限度額がどれぐらいになるかは実際に審査をしてみるまでは分かりません。

またアコムでも「希望の利用限度額が50万円を越える」or「希望の限度額が他社借入と合わせて100万円を越える」場合は、収入証明書の提出が必要です。収入証明書もプロミスと同じく一つ提出すればOKです。

アコムの金利・審査・返済のついて

【モビットの利用限度額】

モビットは以前まで利用限度額1~500万円だったのですが、最近変更され利用限度額1~800万円になりました。消費者金融系カードローンの中では一番最高限度額が高いです。

なので「今後も利用するだろうなぁ」という場合は、しっかりと返済するにつれて信用も上がり限度額が増えていくのでおすすめです。

モビットの金利・審査・返済のついて

【千葉銀行カードローンの利用限度額】

千葉銀行カードローンも利用限度額は最高500万円です。千葉銀行カードローンは総量規制の対象外。「年収の3分の1までしか借りられない」という縛りがないので、専業主婦の方でお金を借りたい人や、借り換え・おまとめを希望する人におすすめです。

千葉銀行カードローンの金利・審査・返済のついて

カードローンの限度額はどうやって決まるの?

では、実際にどうやってカードローンの限度額は決まっていくのでしょうか?

カードローン限度額というのは各カードローンの業者側の審査によって決まるので、正確なことは業者側しか分からないというのが答えですね。

ただ、傾向というのはあります。

まず、はじめてお金を借りる人。これは限度額10万円~30万円ということが多いです。はじめて利用する人の場合は貸す側の業者も信用できる人物か分からないので、いきなり大きなお金を貸すことができないわけですね。しっかりと返済を続けていれば信用もアップし、業者側から「限度額を上げませんか?」というような電話がかかってくることもあります。

次に専業主婦の方。これは消費者金融系カードローンは利用することができず、銀行系カードローンのみが利用でき、限度額は30万円~50万円までに指定されることが多いです。専業主婦の場合は自身に収入がなく、夫の収入で返済となるのであまり借りることができないわけです。

学生の方も専業主婦の方と同じような感じです。社会人に比べて収入が安定しないためあまりお金を貸すことができず、高くても限度額は30万円~50万円でしょう。

現在他社から借入のある方は、審査次第で変わるので傾向というのはあまりありません。ただ総量規制があるので、消費者金融系カードローンの場合他社とあわせて年収の3分の1を超えない限度額には設定されます。

なので、100万円以上など高額な借入をする場合は総量規制の対象外である銀行系カードローンがおすすめです。



キーワード