契約社員

アルバイトでお金を借りる

学生やフリーターの方で収入がアルバイトだけという方でもお金を借りることは可能です。しかし、安定した収入のある正社員の方と比べると審査に通りにくく、お金を借りることが難しくなってしまうのも事実。

アルバイトの場合正社員と比べて仕事を簡単にやめることができるし、特に学生の場合は卒業後に必ず就職できるとは限らないので、お金を貸す側からすればお金を返してもらえないリスクが高くなり審査に通りにくくなるわけです。

そこで今回は、アルバイトの方がお金を借りるときに抑えておきたいポイントとおすすめのカードローンをご紹介します。ポイントを抑えておかないと無茶な借入をして審査に通りにくくなるので注意してください。

必要最低限だけお金を借りる

まず必ず抑えておきたいポイントは「必要最低限のお金を借りる」ということ。カードローンに申込むときに10万円/20万円/30万円・・・というようにカードローンの限度額を選ぶことができますが、限度額を高くしすぎるとそれだけ審査も厳しくなるので、確実に審査に通るためにも限度額は低めに申請しておくのがポイント。

10万円、多くても20万円がベストです。それ以上だとアルバイトの収入では審査に通りにくいと思いますので注意してください。

カードローンの申込は1社まで


「絶対にお金を借りたい!」からといって、同時に複数のカードローンに申込をするのはNG。また1社落ちたから2社目、3社目と審査に通るまで申込むのもあまりおすすめできません。

なぜかというと消費者金融の審査基準はどの金融業者でもほとんど変わらないため、1社受からなかったら他社で受かるのも難しいからです。(もちろん絶対に受からないということもないですが)

さらに1社に申込をすると「信用情報」に申しこんだ記録が残り、他社も審査の際にその信用情報を確認します。お金を貸す側からすれば「何社も断られているなら、何か問題があるのでは?」と不審に思いますから、1社落ちて次に他社を受けても、審査に通るのは難しいのです。

しかし絶対に受からないわけではなく、口コミなんかを見ていると「○○では通らなかったけど○○は通りました!」という口コミもいくつか見られます。これは審査の基準が各カードローンによって微妙に違うからだと思われます。

特に消費者金融カードローンと銀行カードローンは審査の厳しさが違い、銀行カードローンのほうが厳しいです。なので、アルバイトでお金を借りたい方は消費者金融カードローンがいいでしょう。

中でもおすすめはアコム。アルバイトの方も30万円・40万円など高額な借入は難しいですが、10万円ぐらいの借入ならお金を借りられる可能性は十分にあります

アコムの金利や申込条件を確認する



キーワード